ニキビ 治す 洗顔方法

ニキビを治すために心がけたい洗顔方法

ニキビにいい洗顔のやり方のポイントは5つが基本

 

洗顔をしすぎない

 

ニキビの基本は洗顔と思ってやみくもに洗顔する人がいます。でもこれは間違いです。たしかにニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂なのですけどこの皮脂を落とせばニキビが治ると思い、1日に何度も洗顔する方がいます。何度も洗顔する事で肌はバリア機能が働いて皮脂を過剰に分泌してしまうことになります。そのため逆に毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。洗顔は1日2回、朝と夜くらいがちょうどよいと言われています。洗顔のしすぎには十分に注意しましょう。

 

 

オイルタイプのクレンジング剤は使わない

 

クレンジング剤の選び方にも注意が必要です。オイルタイプのものはメイクとよくなじむので落ちがいいため愛用している方も多いかもしれません。ただその分皮脂を過剰に落としてしまっている可能性があります。洗顔のしすぎと同じで皮脂を余分に落してしまうことで皮脂の分泌を促進している可能性があります。ニキビが気になる方はオイルタイプ以外のクレンジングをおすすめします。

 

 

⇒ニキビにお悩みの方におすすめのクレンジング

 

 

 

 

しっかりと泡だててから洗顔する

 

洗顔するときは肌と手の摩擦の刺激によってニキビが悪化することがあります。洗顔料はたっぷりと泡立て、手の摩擦が加わらないように洗顔するのが基本。
途中で泡がなくならないように十分に泡立ててから優しく洗顔をすることをこころがけましょう。最近の洗顔料は、ゴシゴシこすらなくても泡で汚れを吸着し皮脂を取り除いてくれますよ。

 

ニキビ肌のおすすめの泡洗顔料

 

すすぎはしっかりと丁寧にする

 

せっかく丁寧に洗顔をしてもすすぎが不十分で洗顔料が肌に残ってしまっては洗顔料が毛穴に詰まりニキビの原因になってしまいます。
すすぎは十分すぎるくらい行ってください。

 

タオルは清潔なものを使用する

 

最後にタオルで顔を拭くのですが、これも清潔なものを使いましょう。家族で使いまわしているなら、できれば自分専用のものを使って、1日2回の洗顔なら別なものを使うのが望ましいです。タオルは見た目ではわかりませんが、濡れてしまうことで雑菌が繁殖しやすくなります。

 

 

以上ニキビにいい洗顔のポイントをまとめてみました。洗顔はニキビの基本ですけど、間違って洗顔はニキビの原因にもなります。正しい洗顔を心がけてくださいね。